レンガ調の家をさらに美しく、なおかつ長持ちさせたいのであれば外壁塗装は必須となります。特にクリヤー塗料による外壁塗装はレンガの見た目にほぼ影響を与えないため、人気の施工の1つです。ここでは、そんなクリヤー塗装について紹介していきましょう。

風合いを残せる「クリヤー塗料」でレンガ調の外壁を綺麗に見せる

従来の塗料で外壁塗装を行うと壁一面の色が同じ色で統一されてしまうので、せっかくのレンガのグラデーションが台無しになってしまいます。しかし、家は定期的に外壁塗装を行い保護しなければ、耐久性が著しく下がってしまいます。そんな時は、クリヤー塗料を使うことにより、外壁のデザインを損ねることなく外壁塗装を行うことができます。クリヤー塗料とは、その名の通り透明な塗料です。これを従来の塗料の代わりに塗ることによって、従来の外壁塗装と同じ効果を得ることができます。

仕上がりの特徴

クリヤー塗料を塗ることにより壁そのものの見た目を変えることなく塗装を行うことができます。しかし、全く同じというわけではなく、仕上がりに多少変化が現れます。クリヤー塗料を塗布することにより、塗るとレンガに艶が出て彩度を増すことができます。そのため、新築時のような見た目に戻せる可能性もあります。

クリヤー塗料の種類

クリヤー塗料には、種類があります。そのため、値段や特性、耐久性などが違い、目的によって使い分けられています。中でも、フッ素樹脂のクリヤー塗料は耐久性がダントツに高く、防カビ、防藻効果があるといわれています。よって、吸水性が高めのレンガにとってはカビ予防に必須といえます。他にもフッ素よりも耐汚染性が強いとされる無機クリヤー塗料や、UVプロテクト機能を有したクリヤー塗料も開発されています。

塗装方法はローラーがおすすめ

青いローラー

外壁塗装は様々な方法で施工されます。中でも仕上げはローラー、もしくは吹付けによって行われますが、クリヤー塗料を使っての外壁塗装の場合はローラーを使っての施工が推奨されています。従来の外壁塗装ならば、吹付けのほうが美観を損ねることなく綺麗に行えるのですが、吹付けは原液を希釈して行うため、均一に塗布するという点では若干問題があります。よって、美観にあまり影響のないクリヤー塗料を用いる場合はローラーのほうが優れています。

クリヤー塗料が使える条件

クリヤー塗料はどんな時でも使えるというわけではありません。経年劣化による激しい表面の風化や汚れ、傷みがある場合は使えません。なぜなら、傷や汚れ、風化による劣化が激しい状態でクリヤー塗料を塗った場合、その状態が仕上がりにも影響し、美観を保てないことが多いからです。逆にいえば、状態さえ綺麗ならば築10年以上のレンガでも使用が可能なので、できるだけ状態を保つことが重要となります。

耐用年数と単価をチェック

クリヤー塗料の中でもベーシックなシリコンクリヤー、フッ素クリヤー、無機クリヤーの耐用年数と単価は下記の通りです。耐用年数と単価の目安は、建物の立地や壁面の方角などで変わるので、あくまで目安として参考にしてみましょう。

クリヤー塗料の耐用年数と単価
  • 出典:クリヤー塗料の耐用年数と価格(永建工業)
  • 大きな落とし穴がある!?外壁塗装で失敗する事例と解決策

    外壁塗装の施工はいくつか失敗してしまう事例が存在します。その失敗を防ぐためにはあらかじめ失敗の原因になるポイントをおさえておくことが重要です。ここでは、そんな外壁塗装時によく起きる失敗のケースと対処方法を紹介していきます。

    困る女性
    男性作業員

    CASE1仕上がりがイメージと違う!

    リフォームの際に新しい色を試そうとタイルの色を一新することに。レンガタイルのサンプルも確認し、リフォームも同じ業者に任せたのに、いざ透明塗料を塗ると、少し落ち着いた色にするはずが明るい色になってしまい、自分が思い描いていた家に比べチープに感じなった。

    予防策営業担当者や現地調査での確認

    リフォームを行う前に営業担当者や業者の人に質問をし、仕上がりの確認をすることで、こういったトラブルは予防できます。実際に施工を行う職人は誰なのか、塗装の方法はどういった方法を行うのかなど、準備段階できちんと確認しておくことが重要です。

    CASE2価格で選んだら結果的に手抜き工事で終わった!

    リフォームを考えているところに営業マンがやってきて、安価でリフォームを行うと提案してきた。見積もり額もお得だったし、営業マンも信頼できそうだったので依頼した。その結果、最初のうちは問題なかったが数年で状況が悪くなってきた。電話で問いただそうとしたら、電話が通じなくなっており、泣き寝入りすることになった。

    予防策複数業者への見積もり依頼で比較

    信頼できそうだからと、即決して依頼するのは危険です。外壁のリフォームにかける費用は非常に大きく、安易に業者を選んでしまうと悪徳業者に引っかかる可能性は高くなります。他の業者と比較し、信頼できるところに依頼しましょう。

    CASE3ご近所への挨拶ができてなくて苦情がきた!

    リフォームをする際のお断りやあいさつ廻りを業者が受け持つということで全部業者に任せた結果、外壁塗装の臭いで洗濯物が干せなかったり、業者の車のせいで交通の邪魔になったりと、近所の人達がだいぶ不便を感じていたと聞き、大慌てで近隣の人達全員に謝って廻ることになってしまった。

    予防策業者の対応力で判断する

    事前に自分で近隣のあいさつ廻りを行うことも大事ですが、あいさつ廻りやお断りをきちんと入れることを徹底している業者を探すことが重要です。工事の過程で臭いや騒音が発生する可能性がある場合、業者が礼儀正しい対応をしているか否かで、近隣の人達の反応は大きく違います。